真言宗 瑠璃山 龍蔵寺 略縁起



 当寺は、大化元年(645年)孝徳天皇の時、高僧日恵上人が草創開山したと伝えられます。その後、大同元年(806年)平城天皇の時に勅願寺となって坂上田村麿が七堂加藍を建立して仏法久住の霊地と定めました。また、建久四年(1194年)後鳥羽上皇のころに征夷大将軍源頼朝が五千貫の寄附をしましたので仏閣僧坊寮院など見事になり、僧侶も数多く出入りしており栄えました。今でも、頼朝の紋どころを寺の定紋としております。

 このころの堂宇は、現在地より北西へ約1,000メートルの山の中で、広い境内を有し堂々と風格を誇っていたと推察され、今でも本堂屋敷、護摩堂などの台地名が残り、仏具も掘り出され、池や礎石も残っております。


 ところが、鎌倉時代の末期より諸国の戦乱が続き、当寺も堂舎仏閣すべて朽損してしまいましたので、中興開基、長賢律師が、永正五年(1509年)後柏原院の時に上杉顕家に請うて再建をし、また歴々たる造営をいたしております。ときに、長賢律師は或る夜、夢の中で一人の老人からふしぎな歌を授かりました。驚ろいて寝たままこの歌を吟ずると、

「水常龍瀧峠於来見真之法者此蔵有云々」
    (いつもただりゆうたつそはにきてみれば まことののりはこのくらにあり)

 ということで、これより寺を「龍蔵寺」と号し、往古よりの「宝生瑠璃山」を山号に、院号を「六大院」と袮しました。

 しかしながら、仏法の興廃もまた時運によるところが多く悲しいかな、天正七年(1580年)、徳川、豊臣の合戦のころ、多くの末寺をもって僧兵たてこもるという真言寺院の特有の形がかえって仇となり、尽く焰焼させられる不運に遇い、御諭旨、御朱印以下仕物まで灰燼となり、以後地領も離散し堂舎仏閣もおとろえてしまいました。

 その後、江戸時代に幾分復興し、寛政四年(1793年)に再建してより、七堂加藍を連ねて偉容をほこり、末寺も三十六ヶ寺を数えました。現在の台地に移転した年月は定かではありませんが、今の本堂の建てられた約170年前ごろからの文書はかなり残っております。

 徳川時代には朱印地も多く、お駕籠に乗って殿様に面会に行くなど豪勢な時もありました。明治のはじめに火災に遭った薬師堂が再建されて、総萱ぶきの加藍が揃っておりましたが、昭和三十六年(1961年)の台風をまともにうけて、またも堂舎や樹木が倒壊し、農地解放と相まって、整理改革の止むなきに至り現在に及んでおります。

 本堂の薬師如来は、浄瑠璃世界の教主、医王善逝の尊体で古くから信仰されており、秘仏(立像)と、御前立(座像)の二体あり、平安~室町時代の作といわれております。  

 やくしぶつ ねがいひとびとみのやまい こころのやまい いえざるはなし 

 その他、日光菩薩、月光菩薩(秘仏)、十二神将、不動明王、弘法大師、仁王、地蔵菩薩などの木彫仏像が安置され、古筆の仏画や多くの経文も保存してあり、古くから近郷の信仰を集めた寺院のおもかげを偲ぶことができます。 
      
              (昭和四十八年五月 第六十三世 樺沢賢教 合掌)

    * 昭和五十五年(1980年)三月、本尊薬師如来(秘仏) 長岡市文化財に指定